ダイバーシティ

Column

HOME > Column > 全日本空輸株式会社「互いを高め合いいきいきと働く」

全日本空輸株式会社「互いを高め合いいきいきと働く」第1回

ANA では社員の半数以上を女性が占めることから、女性がその多様な視点や感性、
価値観を活かしてより一層活躍し続けることを経営課題ととらえ、
女性の役員数や管理職比率などの数値目標を掲げています。
すべての社員がいきいきと働けるよう、男性も含めて利用できる多様な制度を導入していますが、
今回のインタビューでは、女性活躍のためにどのような支援をされているかを中心に、
女性だけではなく男性に対する支援(イクボス企業同盟)や、LGBT についても伺いました。
取材に応じていただいたのは、ダイバーシティ& インクルージョン推進室 宇佐美氏です。

人財戦略室 人事部  ダイバーシティ& インクルージョン推進室 室長 宇佐美 香苗 氏

人財戦略室 人事部  ダイバーシティ& インクルージョン推進室 室長 宇佐美 香苗 氏



多様なロールモデルを紹介

ダイバーシティを推進していくきっかけは?

会社でキャリアを重ねて活躍している女性が、結婚や妊娠を期に退職してしまう事例が発生した時期に、就業継続してもらうためにはどうしたらよいかと、女性社員にアンケートおこなったことがきっかけです。2007年の「いきいき推進室」の発足時のことです。その当時の活動は、今のように女性を経営戦略の柱としてではなくて、まずは制度の充実を図りました。アンケートから、「ロールモデルの提示」という要望がありましたが、ロールモデルがいないわけではなく、表に出る機会がなかったのです。そこで各ロールモデルからインタビューをしてその結果をホームページに掲載したり、セミナー等で直接、仕事と家庭の両立について語る機会を作り、多様なロールモデルに出会える環境を整えました。

マネジメントもスペシャリストも

特徴的な施策はありますか?

現在、女性役員が4名いるのですが、比較的多い人数だと思います。4名全員が社内から昇進してきましたが、会社としてはこういった管理職や役員になることだけを「女性活躍推進」として目指している訳ではありません。60歳を過ぎてもスキルを高め現場で活躍している社員もいます。そういったスペシャリストとなるようなキャリアも応援しています。ANA グループでは、プロフェッショナルとして仕事を極めるスキルコンテストを開催していますが、こういった活動も特徴的だと思います。マネジメントのコースだけではなく、個の強みを活かしたキャリアや働き方を応援する風土がありますね。

研修やセミナーのラインナップは?

「キャリアデザインセミナー」や「メンター制度」「女性管理職ネットワーキング」などを実施しています。「キャリアデザインセミナー」はライフイベントが訪れるであろう入社5、6 年目の女性社員をターゲットにおこなっていますが、毎回、抽選になるほどとても人気があります。「自身のキャリアを中長期的にどうデザインしていくかを自律的に考える」セミナーなのですが、非常に好評ですね。

メンター制度とは?

希望者には「メンター制度」によって、女性管理職メンターを紹介しています。「こういった方の話を聞きたい」というリクエストに応じて人事部がマッチングして、紹介する仕組みになっています。「メンター制度」は約1年間のプログラムですが、期間終了後も定期的に情報交換をしたりする等、良好な関係が続いているという声を聞いています。

topへ