ダイバーシティ

Column

HOME > Column > 清水建設株式会社「男社会の建設会社が進めるダイバーシティ」

清水建設株式会社「男社会の建設会社が進めるダイバーシティ」第1回

清水建設では、ダイバーシティ推進により、一人ひとりの個性や能力を最大限活かし、企業価値向上を目指しています。女性管理職・技術者倍増、全社規模の女性フォーラム、キャリアコンサルティング、ワークライフバランス、ネットワーク構築等に積極的に取組んでいます。
人事部長の辻野氏とダイバーシティ推進室の西岡氏に、どのような取り組みをされているのかを伺いました。西岡氏ご自身も土木技術者として、建設現場で働いていたキャリアをお持ちです。

辻野 直史氏、西岡 真帆氏

専務執行役員 人事部長 辻野 直史氏
人事部ダイバーシティ推進室 室長 西岡 真帆氏



建設業での多様性

建築業界は、いわゆる「男社会」ではないかと推測しますが、ダイバーシティを推進する理由は?

西岡
ダイバーシティ推進室ができたのは2009年ですが、立ち上がりのきっかけは、障がい者の雇用でした。その頃、社会全体でダイバーシティの話が増えてきた時期で「女性活用推進」というキーワードも使われるようになってきました。建設業では担い手確保という課題もありましたので、女性に限らず外国籍でも障がい者でも優秀な人材はどんどん会社に入ってもらって、活躍してもらおうと考えたのがきっかけです。

主な活動は?

西岡
ダイバーシティ推進室の取り組みは、大きく分けると「女性活躍推進」と「外国籍社員の採用・教育」「障がい者の採用」「社員の働きやすさ」です。
辻野
女性活躍については、弊社は非常に遅れていました。初の女性管理職が誕生したのは1999年ですが、その後も何度か中断し、2009年から継続して女性管理職の登用が進んでいます。そういった中で、社員からいろんな声が挙がってきました。ご推測のとおり「男社会」ですから、その声を聞き取るということに注力しました。
弊社の会長である宮本(当時社長)から「もっと女性に活躍してもらわなければいけない」「意識改革をしなければいけない」との指示もあり、2013年からは「女性活躍推進フォーラム」を開催するようになりました。
topへ