ダイバーシティ

Column

TOP >  コラム >  カルビー株式会社 「女性の活躍なしにカルビーの成長はない」 第2回

カルビー株式会社 「女性の活躍なしにカルビーの成長はない」 第2回

「将来を考える「キャリア支援部会」

その後、委員会で取り組んだことは?

「キャリア支援部会」というのを作りました。最初に「アンケート部会」でアンケートをとった時に「将来のキャリアを描けていますか?」というアンケートに対して、女性と男性で大きな差があったんです。女性で将来のキャリアを描けている人が少なかったんですね。

会社は変化をしていて、自立的な人財を求めていましたので、将来のキャリアが描けていないということは自立することは難しいわけです。まずは自分たちのキャリアを考えようということで「キャリア研修」を実施したりしました。

そのような活動を通じて、現在の女性管理職比率は?

今は女性の管理職比率は、22.1%になりました。2016年4月現在の数字です。

目標は、2020年に30%です。

女性の管理職比率

現在の比率でも高いですね。

管理職比率も高くなったと思いますが、女性管理職に占めるお子さんがいる割合が33%なんですね。私が育休を終えて復職したときは、一人いたかどうかぐらいでした。当然、私自身も会社に戻ってきたときは、出産をして管理職になるということを全く想像していなかったくらいですが、今となっては、育児をしているから管理職にはなれないということはなくなりました。そのようになってきたのは、大きな変化かなと思います。