ダイバーシティ

Column

TOP >  コラム >  カルビー株式会社 「女性の活躍なしにカルビーの成長はない」 第4回

カルビー株式会社 「女性の活躍なしにカルビーの成長はない」 第4回

上司から変える「イクボス宣言」

カルビー株式会社
人事総務本部
ダイバーシティ委員会
委員長 新谷 英子氏

最近の具体的な取り組みを
教えてもらえますか。

ダイバーシティに関しては、2016年6 月14 日に「イクボス宣言」をしたんですね。働き方改革ではないですけれど、女性だけではなく、制約がある人が働きやすくなるためには長時間労働を是正していかなければいけません。その鍵になっているのは上司なので、そういう視点で改革をしていこうと思っています。

女性に関しては、当社では女性の管理職は増えていますが、育児をしている人達の悩みがなくなったかというと、まだまだそうではないので、出産をしても活躍しやすく、男性の育児休業も増えて欲しいなと、交流の場を積極的に作っていこうと思っています。制度についても、より男性が育児休業を取りやすいように進めていこうとは考えています。

「イクボス宣言」の反応は?

ゲストをお招きして講演をしていただいたりしたのですが、そういう話を聞くと非常によくわかるし、働き方を変えていかなければいけないし、ライフワーク・バランスに気をつけていかなければいけないし、成果をあげていかなければいけないと意識が向くようになったと思います。引き続き社内のイントラネットや社内でイクボスアワードを実施したりと、活動を展開していきたいです。

カルビーダイバーシティ宣言